9/24(土) K病院まつり防災イベント(千葉県旭市)

平成28年9月24日(土)、千葉県旭市のK総合病院で病院まつりが行われ、その一環として液状化実験、感震ブレーカー、ロープワーク等の展示説明と地震体験を行いました。この病院は千葉県でも最大級の病院で、災害拠点病院にもなっている大きな総合病院です。そのお祭りとして「第一回病院まつり」が行われました。雨が降ったり止んだりの天候の中、大勢の参加者があり院内はごった返している印象です。地震体験も行列は長くなかったものの途切れない程度で、しかし途中で雨が降り出して、地震体験車は屋根のあるところに移動しました。それでも計156名の方に東北地方太平洋沖地震を体験いただきました。
病院といえども参加された方々は防災の関心が高く、こうしたお祭りに私どもが活動ができるチャンスがあるのだなと改めて思いました。防災訓練だけでなく、気軽に他のイベントの中に防災が少しずつ入り込んでいき、それが当たり前のようになるよう、活動の幅を広げていきたいと思います。

日時 : 平成28年9月24日(土) 10:00~14:00
会場 : 千葉県旭市K総合病院
参加 : 地震体験は156名
スタッフ: 8名(BCNおよび防災士)
内容 : 液状化実験、感震ブレーカー、ロープワーク等および地震体験(東北地方太平洋沖地震)

img_5883_p

img_5864_p

img_5895_p

img_5898_p

 

関連記事

ページ上部へ戻る