12/20(火)習志野市立袖ケ浦西小学校5年生避難所設営(千葉県習志野市)

令和4年12月20日(火)、千葉県習志野市、習志野市立袖ケ浦西小学校において5年生による避難所設営訓練が行われ、BCNの防災士がアドバイスしました。
先週は6年生が行った避難所設営訓練ですが今回は5年生です。6年生同様に子ども達が自分たちで受付から居住スペースの配置、手順などを考えて計画し実際に行ってみようという試みです。
6年生とはまた違った視点もあり、受付を2段階にしたり、避難者の属性を名札として貼ってもらったり、体育館の窓ガラスの飛散防止を行ったり、独自の対応をしていました。また、夜間体験も行い足音の騒音や冬場の冷えなども体感し、気が付いたところはメモして記録するようにしていました。
防災士からは少しでも床から上で寝られれば騒音、振動、寒さ対策にもなる、高齢者という名札はもしかしたら高齢と思っていない人に対して失礼になるかもしれないなど、具体的なアドバイスを行いましたが、みんなが協力して避難所を作ってしまうということは素晴らしい体験で、それを見事に実現していたことを称えました。

日程:令和4年12月20日(火)
場所:習志野市立袖ケ浦西小学校
対象:小学5年生
スタッフ:6名
内容:避難所設営訓練

関連記事

ページ上部へ戻る