12/15(木)習志野市立袖ケ浦西小学校6年生避難所設営(千葉県習志野市)

令和4年12月15日(木)、千葉県習志野市、習志野市立袖ケ浦西小学校において6年生による避難所設営訓練が行われ、BCNの防災士がアドバイスしました。
子ども達が自ら考え計画し、それを元にした実施設営訓練が行われました。大人がおぜん立てをして子ども達が手伝うということはよく行われますが、子ども達が計画して実践する学校は全国でもほとんどないと思います。受付の場所、内容、居住スペースの配置、設営、ゴミ箱の設置、応急手当セットまであります。大変よく練られた計画で、HUGの経験も活かされてコロナ禍を加味した非常に高レベルの避難所設営訓練になりました。途中体育館の暗幕を引き電気を消して夜体験も行われましたが、本当に寝てしまう子がいて、夜は寝付けないという経験をしてもらおうという試みが無駄になってしまうほどでした。
大変貴重な体験をした子ども達、袖ケ浦西小学校の子ども達をうらやましく思いました。

日程:令和4年12月15日(木)
場所:習志野市立袖ケ浦西小学校
対象:小学6年生
スタッフ:7名
内容:避難所設営訓練

関連記事

ページ上部へ戻る