12/3(土)筑波大学多国籍子育て支援(茨城県つくば市)

令和4年12月3日(土)、茨城県つくば市、筑波大学 グローバルヴィレッジ コミュニティステーションにおいて「にほんご で おしゃべり!プロジェクトチーム」が主催する外国人向け防災体験が行われ、BCNは地震体験を担当しました。
内容は屋内ではロープワーク、防災かるた、防災バッグ見本、防災クイズ、防災ビデオなどいろいろなブースが設けられ、屋外では地震ん体験というメニューです。つくば市は様々な国の方がいて、体験された方々に国籍を聞いただけでも中国、マレーシア、インドネシアなど本当に多くの国から来ていました。家族ずれも多く、子どもも多く参加していましたが、地震のない国から来ている方もいて驚きを隠せない表情でした。地震大国日本にいるということは相応の準備が必要だと感じていただけたようです。

日程:令和4年12月3日(土)
場所:筑波大学 グローバルヴィレッジ コミュニティステーション
対象:外国人の方、スタッフ、約80名
スタッフ:2名
内容:地震体験

関連記事

ページ上部へ戻る