10/2(日)守谷市美園南自治会防災訓練(茨城県守谷市)

令和4年10月2日(日)、茨城県守谷市、美園南自治会において防災訓練が行われBCNが支援しました。
内容は地震体験、煙体験、消火器訓練、心肺蘇生法です。コロナ対策として3ブロックに分けて1時間ずつずらしてスタートし、空いているブースで訓練するという形式です。元々はお祭りを行っていましたがコロナで2年開催することができず、今回は防災対策フェアと題して防災訓練の催しになりました。
茨城県は地震も多く、常総水害も記憶に新しいなど災害に敏感な地域ですが、意外に体験型の訓練はあまり行っていないようで、今回いろいろな内容を提供して4ブース及び消防車や救急車の展示も行われ、活気ある防災フェアになりました。
参加者の皆さんは積極的で、地震体験や煙体験などを行っていましたが、特に煙体験に興味を持たれた方が多く、実際の煙の際にどうしたらよいのか、どうやって逃げるのかなど質問も相次ぎ、我が事として捉えていただけたようです。
最近、お祭りを防災訓練に切り替えて行うパターンが増えてきましたが、コロナで対面を制限されることに慣れてしまった昨今、感染対策をした上でお祭りでも防災訓練でも顔の見える環境に戻していくことが大切と感じました。

日程:令和4年10月2日(日)
場所:梅作公園
参加:約100名
スタッフ数:7名
内容:地震体験、煙体験、消火器訓練、心肺蘇生法

関連記事

ページ上部へ戻る