9/22(木)習志野市立袖ケ浦西小学校避難訓練(千葉県習志野市)

令和4年9月22日(木)、千葉県習志野市、習志野市立袖ケ浦西小学校において全校生徒を対象とした避難訓練および地震体験が行われ、BCNが支援しました。
10:00スタートで緊急地震速報が流れると各教室で生徒たちが一斉に机の下に隠れます。その様子を1年生と3年生の教室で見学しましたが、見事に全員が机の下に隠れて対角線上に机の脚をしっかり押さえ、誰一人声をあげることもなく完璧なまでの対応をとっていました。1年生でも3年生でも完璧です。練習と訓練が行われているからこそできると確信した瞬間でした。
液状化が予想される地区であることから避難先は体育館です。青木信夫防災士が避難の様子と注意事項などの講評を行いました。
次に全校生徒約180人の地震体験を学年ごとに行いましたが、怖さと楽しさが入り混じったようなワクワク感が隠し切れず、高揚している子ども達が多くみられましたが、体験では緊急地震双方と同時にダンゴムシのポーズをとり、しっかり身を守っていました。

日程:令和4年9月22日(木)
場所:習志野市立袖ケ浦西小学校
対象:全校生徒約180名
スタッフ:5名
内容:避難訓練講評、地震体験

関連記事

ページ上部へ戻る