7/29(金)舞浜小学校地区児童育成クラブ防災学習(千葉県浦安市)

令和4年7月29日(金)、千葉県浦安市、舞浜小学校地区児童育成クラブにおいて児童を対象に防災学習が行われ、BCNが支援しました。
学習内容は液状化実験、新聞スリッパ、煙体験、防災○×クイズ、地震体験です。1年生から6年生まで幅広い児童約180を対象にすることから4ブースに分けてローテーション形式で行いました。浦安市ということもあり液状化の実験を行いましたが、子ども達に模型の家、電柱に見立てた鉛筆、マンホールに見立てたフィルムケースなどいろいろな模型を砂地盤のケースに配置してもらい、肩たたきで振動を与えて液状化の様子と模型がどのようになっていくかを観察してもらいました。液状化が始まると子ども達はえーどうしてー、すごい、電柱がーなどの思いのまま口に出ていました。
その他、スリッパづくりでは当初片方の足だけを予定していましたが、両足作りたいと希望する子が多く、煙体験では何も見えないを連発し、○×クイズで盛り上がり、地震体験ではスリルを楽しむかのようでしたが、防災は楽しくためになるといことを十分に学んだと思います。
(写真はありません)

日程:令和4年7月29日(金)
場所:浦安市立舞浜小学校、児童育成クラブ
対象:児童約180名
BCNスタッフ:8名
内容:状化実験、新聞スリッパ、煙体験、防災○×クイズ、地震体験

関連記事

ページ上部へ戻る