7/12(火)習志野市立東習志野小学校6年生防災学習(千葉県習志野市)

令和4年7月12日(火)、千葉県習志野市、東習志野小学校おいて6年生を対象とした煙体験が行われ、BCNが支援しました。
今回は煙体験のみですが、6年生だけで5クラスあり、2時間以上かけての全員体験です。1目的として1)煙の中を進むとどのように感じるか、2)煙で何も見えなくなった時にどのようにして出口を見つけるか、の2点について説明し、具体的な避難の方法を説明した後に実際に煙ハウスに入ってもらって出口を見つけてもらいました。「何も見えない」を連発していましたが、数cm先が見えないという状況にすごく驚いていました。
質問では、実際の火事で目を開けていられますか?喘息の人はより苦しくなりますか?壁伝いに行った時手の動かし方はどのようにしたらよいですか?など具体的な良い質問がポンポン飛び出してきて、イメージと理解が深まったように思います。単なる煙体験ではなく火災を想定してどのようにしたらよいのか、子ども達は真剣に考え学んでいました。

日程:令和4年7月12日(火)
場所:習志野市立東習志野小学校
対象:小学6年生5クラス
BCNスタッフ:3名
内容:煙体験

(写真はありません)

関連記事

ページ上部へ戻る