5/24(火)船橋市立若松小学校5年生防災学習(千葉県船橋市)

令和4年5月24日(火)、千葉県船橋市、船橋市立若松小学校において小学5年生全員を対象とした防災学習が行われ、BCNが講師を務めました。
若松小学校では防災を強化したいとのことで年数回に分けて防災学習を行いますが、初回となる今回の学習は防災講話と○×クイズです。
講話では地震、マンション地震対策、津波についてお話ししましたが、5年生約180人全員がマンション住まいで戸建ては一人もいないことから、マンションに対する長周期地震動についてもお話ししました。海に近い学校ということもあり、津波に関しても高台に逃げることの重要性をお話ししましたが、これらは集中して聞くことができていました。また、図を示して狭い路地で何が危険になるかを子ども達に指摘してもらい、下校時にチェックするように伝えています。後半は○×クイズ10問で、○か×か設問のたびに移動してもらいますが、身体を動かすこともあって大盛り上がりで、正解すると飛び上がって喜んでいました。自分で考えて回答するという作業は聞いているだけより効果的なのは明らかですのでクイズ形式で行っています。
質疑応答ではたくさんの子ども達が手をあげ、時間の関係で数名しか対応できませんでしたが、しっかりとした良い質問が飛び交い、また学習時間が終わると防災士に個別に質問している子もいました。短時間でしたが、子ども達は興味が沸いたようで、今後の防災学習が楽しみです。

日程:令和4年5月24日(火)
場所:船橋市立若松小学校
対象:5年生約180名
スタッフ:5名
内容:防災講話、○×クイズ

関連記事

ページ上部へ戻る