1/19(水)習志野市立実籾小学校防災学習(千葉県習志野市)

令和4年1月19日(水)、千葉県習志野市、習志野市立実籾小学校において全校生徒を対象とした避難訓練、5,6年生を対象とした煙体験、消火器訓練が行われ、BCNが支援しました。
実籾小学校は以前から防災支援を行っていましたが、今回久しぶりの支援になります。5,6年生に対して煙の怖さ、一酸化炭素中毒、避難の仕方などを説明し、煙ハウスで煙体験を行ってもらい煙で何も見えなくなった時にどのように対応するか体験してもらいました。消火器体験では水消火器を用いて全員実際に放水してもらい、身体で覚えられるように指導しました。前が全然見えないので実際の火災の時はパニックになりそう、煙はすごく怖いものだと知りました、などの感想があり火災に対する理解度が高まったように思います。子ども達への支援活動の必要性を改めて感じました。

日程:令和4年1月19日(水)
場所:習志野市立実籾小学校
対象:5,6年生約140名
スタッフ:5名
内容:煙ハウス体験、消火器訓練

関連記事

ページ上部へ戻る