11/1(月)大網白里市立季美の森小学校防災学習(千葉県大網白里市)

令和3年11月1日(月)、千葉県大網白里市、大網白里市立季美の森小学校において小学6年生を対象とした防災学習が行われ、BCNが指導しました。
内容は地震体験、ロープワーク、応急手当、新聞スリッパ、HUG、心肺蘇生法と盛りだくさんで、午前10時から休憩をはさんで午後3時30分まで、集中して一気に行う学習です。
地震体験では最大震度7を体験してもらい、ロープワークは基本の結び3種のほか水難救助法も学びました。応急手当では直接圧迫止血法、骨折固定、そして新聞紙で作るスリッパ、15分の座学などで前半が終了。午後はHUGを60分、心肺蘇生法を40分学び、子ども達は初めての経験に戸惑いながらも確実に吸収していました。
その後子ども達はお泊りで避難所体験をするなど、2日間にわたって防災学習しますが充実した訓練になると思います。すべての課程を修了すると小学校から「防災マイスター」として認定され認定証が渡されます。

日程:令和3年11月1日(月)
場所:大網白里市立季美の森小学校
対象:6年生25名
スタッフ:5名
内容:地震体験、ロープワーク、応急手当、新聞スリッパ、HUG、心肺蘇生法

関連記事

ページ上部へ戻る