7/6日(火)習志野市立袖ケ浦西小学校防災学習(千葉県習志野市)

令和3年7月6日(火)、千葉県習志野市、習志野市立袖ケ浦西小学校において4年生、5年生を対象とした応急手当体験が行われ、BCNが支援しました。
災害時に身の回りのものを使って自分たちでできる応急手当を学ぶものですが、直接圧迫止血法、骨折固定、気道異物除去を行いました。ラップやレジ袋、定規や傘、ハンカチなど、身近な物を利用して、傷に見立てた赤テープを腕に貼って実践しました。子ども達は楽しみながらもこれまでにない学習ということもあり、聞くところはしっかり聞き、全員が集中して取り組んでいました。
袖ケ浦西小学校では計画に沿って今後も防災学習が目白押しですが、しっかりと支援して子ども達の防災力向上に寄与したいと考えています。

日程:令和3年7月6日(火)
場所:習志野市立袖ケ浦西小学校通学路
対象:4年生、5年生
スタッフ:5名
内容:災害時の応急手当

関連記事

ページ上部へ戻る