6/30(水)船橋市立湊中学校救命講習(千葉県船橋市)

令和3年6月30日(水)、千葉県船橋市、船橋市立湊中学校において1年生、2年生を対象とした救命講習が行われ、船橋防災連絡会とBCNが協同して支援しました。1年生の講師は武藤防災士、2年生は榎本防災士がそれぞれ担当しました。
毎年各学年で行っている救命講習は3年間続けることから、卒業するときにはしっかりと身についています。ある種伝統として、湊中の学生は心肺蘇生法を会得して卒業するという命題を持っています。
講師の武藤防災士は現役看護師であり榎本防災士は現役臨床工学技士で、それぞれ医療現場で活躍しているエキスパートであることから、その内容は真に迫るものがあります。訓練用ダミー人形や訓練用AEDは20セットを用意し、学生の誰もが実践し、8分の胸骨圧迫が終わると達成感から拍手が起きていました。

日程:令和3年6月30日(水)
場所:船橋市立湊中学校
対象:1年生、2年生、計約250名
講師:武藤防災士、榎本防災士
スタッフ:船防6名、BCN4名
内容:救命講習

関連記事

ページ上部へ戻る