6/8(火)国立環境研究所防災訓練(茨城県つくば市)

令和3年6月8日(火)、茨城県つくば市、国立研究開発法人国立環境研究所において防災体験訓練が行われ、BCNが支援しました。
当初は3月に予定していましたが、コロナの影響により6月に行われました。
内容はあまり密にならない訓練として地震体験、初期消火訓練、ロープワークの3種ですが、参加人数を限定して更にグループ分けして一堂に会さない方式で行いました。
地震体験は初めてという方も多く、その揺れの強さに認識を新たにしたようです。消火器訓練では放出手順を確認し、水消火器を用いて実際に放水しました。今回新たにロープワークを行いましたが、短い時間ながら3種の結びを体験いただき、結びの効果を学んでいただきました。それそれ10分間のローテションであるため、一つひとつじっくりと取り組めなかったのですが、皆さん楽しみながら真摯に参加いただいていたのが印象的でした。
昨年に続いて2回目となりますが、研究所という特殊性もありより実践的な災害を想定した訓練もご提案したいと考えています。

日程:令和3年6月8日(火)
場所:国立環境研究所
対象:研究所職員約50名
スタッフ:5名
内容:地震体験、初期消火訓練、ロープワーク

関連記事

ページ上部へ戻る