12/25(金)株式会社フジシールつくば工場防災訓練(茨城県稲敷郡阿見町)

令和2年12年25日(金)、千葉県稲敷郡阿見町、株式会社フジシールつくば工場において防災訓練が行われ、BCNが支援しました。
冬晴れの天候の良い中、避難訓練、地震体験、煙体験が行われました。参加者は約250名です。
敷地が広いため避難訓練では時間がかかりましたが無事点呼が終わり、工場長による挨拶の後、部署別に時間を区切って地震体験、煙体験が行われました。地震の多い茨城県ですが、地震体験ではこの揺れが来てしまったらどうなってしまうのかといった声も聞かれ、今一度工場内の点検が必要との認識を持った方もいました。煙体験では煙で前が見えない中でどのようにして出口を探すかというシミュレーションで行っていただきましたが「本当に何も見えない」という声が連呼されていました。
コロナ禍の中での訓練ですが、来るであろう災害を再認識いただけた訓練になったと思います。

日程:令和2年12月25日(金)
場所:株式会社フジシールつくば工場
対象:約250名
スタッフ:4名
内容:地震体験、煙体験

関連記事

ページ上部へ戻る