11/14(土)佐倉市青少年相談員防災研修会(千葉県佐倉市)

令和2年11年14(土)、千葉県佐倉市、佐倉市中央公民館おいて佐倉市青少年相談員防災研修会が行われ、青木信夫防災士が講師を務めました。
コロナ禍であるため研修会はオフラインとオンラインの同時開催で行われました。講義のみであればパワーポイントをzoomの共有機能により画面固定するだけですが、レジ袋の活用法や実演など受講者とのキャッチボールが必要なことから、共有機能を用いずにビデオカメラの撮影をzoomで表示し、オフラインで受講しているのと変わらない環境にしました。
内容は過去の災害、コロナ禍の避難、○×クイズ、レジ袋の活用法、「こんなときどうする?」シミュレーション、正常性バイアス、水を使わないトイレ法など多岐にわたりましたが、オフラインもオンラインも受講者の皆様は反応が良く、円滑に進めることができました。
コロナ時代の研修会は徐々に今回のようなオンオフ自由参加で行われる例が増えてきており、今回の経験は大変勉強になったと同時に、こうした形式でもある程度目的が達成できるのではという期待が持てた研修会でした。

日程:令和2年11月14日(土)
場所:佐倉市中央公民館
対象:約30名
スタッフ:2名
内容:防災講演

関連記事

ページ上部へ戻る