1/24(金)実籾小学校6年生発表3,4年生クロスロード(千葉県習志野市)

令和2年1月24日(金)、千葉県習志野市、習志野市立実籾小学校において6年生の防災発表会、および、3,4年生を対象としたクロスロードが行われ、BCNが参加・支援しました。
午前は6年生の発表会で、防災について調べたことや作ったものを1,2年生に発表するイベントです。体育館いっぱいにグループ別にブース形式で行われ、手作り地震体験、防災カルタ、暗闇体験、応急手当、防災グッズ、避難所など、様々なものを訪れた1,2年生に発表するものです。防災に関することはもちろん、低学年に分かりやすく発表するにはどのようにしたらよいかも学習の一つで、我々も見学させていただきましたが、素晴らしい発表でした。
午後は3,4年生を対象としたクロスロードで、松井正雄防災士が講師を務めました。約130名の小学生を5人のグループに分けて行われました。設問はオリジナルで、高学年用に作成したものですが、防災学習を進めていることもあり3,4年生でも対応できるのではないかという期待を込めてあえて高学年用を用いました。心配をよそに、子ども達は難しいと思われる設問にしっかりと自分の判断、自分の意見を持ち、言葉に発することもできました。我々のほうが勉強不足だったと反省です。5人グループながら金座布団も連発し、大変盛り上がっていました。
正解のない学習についても子ども達が主体的に判断する様子が大変頼もしく感じられました。

日程:令和2年1月24日(金)
場所:実籾小学校
対象:6年生、3,4年生
スタッフ:7名
内容:発表会見学、クロスロード

関連記事

ページ上部へ戻る