11/30(土)いすみ市北日在地区自主防災組織防災訓練(千葉県いすみ市)

令和元年11月30日(土)、千葉県いすみ市、鶴岡材木倉庫駐車場において北日在地区自主防災組織防災訓練が行われ、BCNは地震体験を担当しました。
当地区の防災訓練は今回が初めてとのことで、近隣の渡邊一弘防災士に相談があり、防災訓練の行い方、種目など渡邊防災士がまとめられました。
避難訓練参集後、区長さんから挨拶があり、渡邊防災士による地区の特徴などの説明があり、シェイクアウトに入ります。シェイクアウト時は地震体験車から緊急地震速報と地震音を放送し、臨場感あふれる訓練でした。これも渡邊防災士のアイデアです。
その後、初期消火・ロープワークグループ、起震車グループ、応急救護グループの3グループに分かれ訓練を開始しました。
参加された地区の方々は初めての試みですが、救命マネキンや起震車、ロープ、ライフジャケットなどの説明や体験に、時間を忘れて取り組んでいるような印象でした。
防災士が介在することによりスムースで的を得た訓練を行うことができ、効率的に進められる良い例だと感じました。

日程:令和元年11月30日(土)
場所:いすみ市鶴岡材木倉庫駐車場
対象:北日在地区住民約60名
スタッフ:2名(BCN)
内容:地震体験(BCN)

関連記事

ページ上部へ戻る