10/9(水)野田市消防防災協会初期消火訓練(千葉県野田市)

令和元年10月6日(日)、千葉県野田市、イオンノア店向かいの広場において野田市消防防災協会初期消火訓練が行われ、BCNは地震体験を担当しました。
各事業所から職員が参集し、80名を超える消火・火災予防訓練です。煙体験、消火器体験、消火栓体験、救命講習、地震体験と盛りだくさんの内容で、約30分間のローテーションで行われました。我々は地震体験のみの担当ですが、若い方々が多く順番を待っている間、東日本大震災の時はどこそこにいて大変だった、娘を車で迎えに行ったら渋滞で帰るのに何時間もかかったなど、方々で地震の話が出ていました。地震体験を行う一つの有意義なこととして、皆さんが地震を思い出したり気にしたり東海地震や首都直下地震、野田の活断層といったキーワードが出てきて、地震に対する怖さ、対策などを何気なく話すことです。これがきっかけで知識を得たり対策を見直したり防災のことを少しの間でも考えていただくことができます。
他の実施訓練については野田市消防本部が指導者となり、充実した内容になっていました。

日程:令和元年10月9日(水)
場所:イオンノア店向かいの広場
対象:野田市消防防災協会員
スタッフ:2名
内容:BCNは地震体験

関連記事

ページ上部へ戻る