9/17(火)実籾小学校5,6年生クロスロード(千葉県習志野市)

令和元年9年17日(火)、千葉県習志野市、習志野市立実籾小学校において防災学習が行われ、BCNが支援しました。今回は5,6年生を対象としたクロスロードです。
質問は全8問、小学生を対象とすることから設問は一般市民編ではなく、文章を平易に簡素化してほとんどオリジナルの文面にしています。
1班5人に班分けし、一人ずつどうしてその回答にしたか意見を言うこと、意見を話しているときはきちんと聞くことを注意事項とし、単なる防災ゲームではなくいろいろな意見を聞くことを重視しました。
「あなたは避難所(学校の体育館)に行くことになりました。避難所に着くとおにぎりが配られました。消費期限を見ると1日過ぎています。おなかが空いていますが、そのおにぎりを食べますか?」という問いに対して、「ちょっと食べて30分してからおなかが痛くならなければ全部食べる」という意見もあり、なるほどと思わず感心してしまう意見が多数生まれました。
ざぶとんの代わりにチョコ2種類で行いましたが、モチベーションアップにもつながり、最後にそのチョコを平等に分けてください(平等に分けられない数になっている)という実践クロスロードで終了しました。
今回、子どもたちだけでしたが、大人と子どもが一緒に参加するクロスロードができたら、大人も子どもも更に勉強になるのではないかと思いました。クロスロードのだいご味を再確認しました。

日程:令和元年9月17日(火)
場所:習志野市立実籾小学校
対象:5,6年生 約140名
スタッフ:3名
内容:クロスロード

関連記事

ページ上部へ戻る