9/13(金)実籾小学校安全・防災マップアドバイス(千葉県習志野市)

令和元年9年13日(金)、千葉県習志野市、習志野市立実籾小学校において防災学習が行われ、BCNが支援しました。今回は3,4年生を対象とした安全マップ作りと防災マップづくりのアドバイスです。
3年生はマップの記載事項を限定し、対象を明確にして「安全マップ」を作っています。以前にまち歩きをして実際に目にしたところをですが、安全な場所、危険な場所、交通事故、ブロック塀をプロットしました。
4年生は防災マップとして、安全な場所、安全なもの、危険な場所、危険なもの、ブロック塀、看板、自動販売機などをプロットしました。
実際に歩いてチェックしたところを記憶やメモを用いてマップに落とし込み、マップづくりの目的を再確認しながら防災士によるアドバイスを得て完成させようとするものです。3年生も4年生もマップは完成に近い素晴らしいマップになっていましたが、更に充実させるべくわれわれ防災士の立場から様々なアドバイスを行いました。
また、今回ブロック塀の危険をより身近に感じてもらうため、1つのブロックを持ち込み、子どもたちに実際に持ってもらいました。子どもたちはその重さにびっくりし、今の言葉で「これはやばい」と口々にしていました。

日程:令和元年9月13日(金)
場所:習志野市立実籾小学校
対象:3,4年生
スタッフ:3名
内容:安全マップ、防災マップアドバイス

関連記事

ページ上部へ戻る