6/4(火)船橋市立宮本小学校防災学習(千葉県船橋市)

令和元年6月4日(火)、千葉県船橋市、船橋市立宮本小学校において小学5年生を対象とした防災学習が行われ、BCNの青木信夫防災士が講師を務めました。
以前、宮本小学校に様々な防災のお手伝いをさせていただきましたが、今回は5年生を対象に、新たに防災マップを作る試みを受けて登下校時を利用して危険な場所、安全な場所をチェックしてもらい、それを持ち寄りマップに反映させて全体の防災マップを作ろうという構想の第一段階で、今回の学習では登下校時に何が危険なのか、どうして危険なのか、路地のイラストを見ながら小学生たちに探してもらい、理由も話してもらいました。ブロック塀、自動販売機、電線、マンホール、看板などすぐに見つけ出すことが出来ました。みんなで考えていろいろな項目を出してもらい、今度は実践として登下校時にそれをチェックしましょうとの呼びかけ段階です。
子ども達も初めての講習ということもあり、はじめは防災○×クイズを10問行い、緊張をほぐそうとしましたが、1問目からテンションが高く、楽しみながら防災を学び、その後マップ作りのお話をしました。
これからどのような防災マップが出来上がっていくのか本当に楽しみです。

日程:令和元年6月4日(火)
場所:船橋市立宮本小学校
参加:約160名(5年生全員)
講師:青木信夫防災士
スタッフ数:3名
内容:防災学習

関連記事

ページ上部へ戻る