5/29(水)船橋市立湊中学校救命講習(千葉県船橋市)

令和元年5月29日(水)、千葉県船橋市、船橋市立湊中学校において全校生徒を対象とした救命講習が行われ、船橋防災連絡会が受託しBCNはスタッフ協力しました。
1学年2クラスを同時に行い、1時限目から6時限目まで6回行いました。講師は臨床工学技士の榎本防災士です。訓練用マネキン20体と訓練用AED20機を用いて、4人一組で行うことから誰もが十分に触って覚えられるようにしています。
1年生は初めての体験ですが、どうして心肺蘇生が必要なのか、どこをどのように圧迫するのか、AEDはなんの機械でどのように使うのか、その聞き入る姿は真剣そのものです。2年生は2回目ですが、復讐として1年生と同じプログラムで行いました。3年生は集大成として実際に近い形式で行ってもらうため、まず教員と防災士による寸劇を行い、人が倒れるところから救急隊に引き継ぐまでを実演しましたが、先生が演技で倒れこむとそのしぐさに生徒は爆笑し、その後の展開がどうなるのか食い入るように見ていました。そして今度は自分たちで役を決めて行ってもらいましたが、楽しみながらも要点をきちんと押さえ、一連の流れを確認しました。
湊中は在学中に心肺蘇生法をしっかり学んで、人を助けられるようになって卒業させたいとして特に力を入れていますが、素晴らしい取り組みと同時にそこに携わらせていただくことに感謝したいと思います。

日程:令和元年5月29日(水)
場所:船橋市立湊中学校
受託:船橋防災連絡会(BCNはスタッフ協力)
参加:約370名(全校生徒)
講師:榎本和幸防災士
スタッフ数:11名(船橋防災連絡会、BCN計)
内容:救命講習

関連記事

ページ上部へ戻る