5/25(土)小板橋東防災会防災訓練(千葉県八千代市)

令和元年5月25日(土)、千葉県八千代市、小板橋東防災会においてに防災訓練が行われ、BCNは地震体験と煙体験を担当しました。
真夏のような暑さの中での訓練になってしまい、少し時間を早めながら防災会による消火器訓練、八千代市危機管理課による応急担架の実演、その後我々BCNの地震体験と煙ハウスでの煙体験、防災会による非常食の試食という訓練内容です。
今回はBCNとして初めての煙体験で、煙ハウステントを導入したことからお試しを含めて皆様に体験いただきました。専用のフォグマシンによる人体に無害な煙をテント内に充満させ、その中を頭を低くしてジグザグに進んでいく煙体験ですが、ほとんど何も見えない状態で、方向感覚が失われ、どのように逃げたらよいか迷いが生じます。できるだけ頭を低くして壁(テント)伝いに手で確認しながら進むことで出口に向かうことを事前に伝えますが、煙で目の前が見えないという状態はなかなかない経験で、一様に「何も見えない」「こんな状態になってしまうのか」と驚いていました。
地震体験の後に煙体験を行うと人数的にスムースに回れることがわかりましたが、現在何人入っているのか、入った人がきちんと出られたのかという確認が取れていない状態なので、今後体験方法を模索しながら、効果的に安全に体験いただけるよう経験を積んでいきたいと思います。

日程:令和元年5月25日(土)
場所:八千代地域生活支援センター
参加者:約50名
スタッフ数:4名
内容:地震体験、煙体験

関連記事

ページ上部へ戻る