3/2(土)印西市立中央公民館防災講座(千葉県印西市)

平成31年3月2日(土)、千葉県印西市、印西市立中央公民館おいて防災講座が行われ、青木信夫防災士が講師を務めました。内容は地震体験と防災講演、身近なものを利用した防災活用法です。
昨年(2018年)も行いましたが、今回は地震体験を含めての防災講座です。印西市在住の方を対象に約20名の参加がありましたが、地震体験は海溝型の例として東北地方太平洋沖地震50秒、直下型の例として新潟県中越地震30秒を体験いただきました。何もできない、今は来ることが分かっているが…、突然来たら恐怖、家は大丈夫だろうか、といった声が聞かれました。
講義は約90分で、印西市の想定震度、一般防災〇×クイズ、家具転倒防止策、レジ袋の防災活用法(実技)、浦安の被災体験、水を使わないトイレ法、非常食、非常持出品などについての講義が行われ、皆さん真剣に、かつ、楽しく受講されていました。特に地震体験と講座をセットにすることで、より臨場感のある講習を展開できるため大変有効と感じました。

日程:平成31年3月2日(土)
場所:印西市立中央公民館
地震体験者数:24名
スタッフ数:3名
内容:地震体験、防災講座

DSC02601_p

DSC02604_p

DSC02611_p

DSC02607_p

関連記事

ページ上部へ戻る