12/22(土)NPO法人すくすくはあと防災訓練(東京都東村山市)

平成30年12月22日(土)、東京都東村山市、NPO法人すくすくはあと(障害者支援施設)において防災訓練が行われ、BCNが支援しました。内容は地震体験、防災ダック、新聞スリッパ、レジ袋活用法です。
午前中は近隣施設の子ども達を対象に地震体験が行われ、大学生のボランティアさんが付き添い、安全確認をしながら行いました。公園内で行っていたことから隣の消防署の方が見えたり、近隣の園児たち身に来たり、その先生方に体験いただくなど早くも注目度が高まっていました。
午後は対象施設の子ども達へ地震体験を行い、そのまま市役所の会議室に移動して、防災ダックを行いました。理解がどの程度か心配だったものの、子ども達の吸収能力は高く、当初3つのポーズを予定していましたが4つに増やし、さらにスピードアップしたポーズを行ってもらうなど、期待以上の訓練になりました。次に新聞紙を用いたスリッパづくりでは少し手間取った子どももいましたが、みなさんしっかりと折ることができました。初めはこの2つのみを行う予定でしたが、すぐに出来てしまったため、レジ袋の活用法を追加し、袋の開け方、三角巾、おむつ、包帯など次々に変化するレジ袋を皆さんに体験いただきました。どちらかというと施設スタッフの大人の方が感心されていたようですが、子ども達も身体を動かす訓練に集中していました。

日程:平成30年12月22日(土)
場所:NPO法人すくすくはあと
地震体験者数:43名
スタッフ数:3名
内容:地震体験、防災ダック、新聞スリッパ、レジ袋活用法

(写真はありません)

関連記事

ページ上部へ戻る