12/12(水)新横浜リハビリテーション病院防災訓練(神奈川県横浜市)

平成30年12月12日(水)、神奈川県横浜市、新横浜リハビリテーション病院にて防災訓練が行われBCNは地震体験を担当しました。
病院職員に対する避難訓練、地震体験、初期消火訓練の3種の防災訓練ですが、職員の方々は若い方がほとんどで地震体験も初めてという方も多く、揺れの強さに驚きを隠せない様子でした。
はじめに地震体験の目的や体験の方法、注意事項などを説明し、順次東北地方太平洋沖地震の揺れを体験いただきました。病院であるがゆえに自身と患者さんを守る使命がありますが、あそこの棚は危ない、どこそこを縛っておいた方が良いといった声が漏れ聞こえ、地震体験したからこそ得られる対応策が自然と出てくる流れは大変好ましいものでした。
最近は病院からの依頼が多くなってきましたが、病院ならではの注意事項、その施設ならではの注意事項など、我々が例を挙げて説明する応用力が必要だと感じました。

日程:平成30年12月12日(水)
場所:新横浜リハビリテーション病院
地震体験者数:36名
スタッフ数:2名
内容:地震体験

DSC01031_p

DSC01024_p

関連記事

ページ上部へ戻る