10/31(水)株式会社明電舎応急救護訓練(東京都品川区)

平成30年10月31日(水)、東京都品川区、株式会社明電舎において応急救護訓練が行われ、BCNが支援しました。明電舎では通常の防災訓練の他に2016年から応急救護訓練を行い、今回で3回目になります。毎年支援させていただき、今回は身近なものを利用した応急手当と搬送法、水を使わないトイレ法を行いました。
参加者は約20名で、ローテーション方式で応急手当と搬送法グループに分け、応急手当では止血法やラップを用いた傷の手当、骨折の手当等を行い、搬送法では徒手搬送、毛布搬送、応急担架、布担架などを行いました。
若い方が多く皆さん真剣に学び、社内での有事はもちろん家庭や地域においても必要となる応急手当や搬送法に一つひとつ取り組んでいました。
企業においての防災訓練は避難訓練や消火器訓練、煙体験、地震体験などがよく行われていますが、今回のように自分のこととして身に着けられる訓練は大変有益で、いろいろ応用できることから、その大切さを十分に認識いただけたのではないかと思います。

日程:平成30年10月31日(水)
場所:大崎会館
参加:約20名
スタッフ数:5名
内容:応急手当、搬送法、水を使わないトイレ法

DSC09343_p

DSC09363_p

DSC09368_p

DSC09371_p

関連記事

ページ上部へ戻る