10/27(土)印西市立小倉台小学校防災学習(千葉県印西市)

平成30年10月27日(土)、千葉県印西市、印西市立小倉台小学校において防災学習が行われ、BCNは地震体験を担当しました。消防署も参加して、講話、救命、救出救護、地震体験と盛りだくさんですが、小学生はこの訓練後体育館で宿泊体験を行うということで、前座の訓練になります。
地域の方、保護者も参加され、総計300人は超えるであろう参加者で、盛り上がりを見せる中、体育館で講話が行われ、続いて校庭に出て地震体験の説明を全員で受けた後、整理券を配り、順番が回ってくる間に消防署による救命や倒壊家屋からの救出などを体験しました。
多くの参加者が動きますが、段取り良くいろいろな体験ができるのはこのイベントの特徴だと思います。地震体験も結果的に172名の方々が体験され、事前説明の通りこの揺れが来たら家の中が、職場が、学校がどうなってしまうのかをイメージしていただけたようです。単発に終わりがちな地震体験ですが、こうして事前説明の機会があると目的や意義を伝えることができ、より効果的な体験になりました。
大人数ながらまとまりのある訓練でした。

日程:平成30年10月27日(土)
場所:印西市立小倉台小学校
体験:172名
スタッフ数:2名
内容:地震体験

DSC09083_p

DSC09090_p

DSC09088_p

関連記事

ページ上部へ戻る