2/18(日) グランドメゾン狛江基調講演(東京都狛江市)

平成30年2月18日(日)、東京都狛江市、グランドメゾン狛江にて防災基調講演が行われ、青木信夫防災士が講師を務めました。グランドメゾン狛江は2013年築の新しいマンションですが、防災体制はしっかりしておりテレビでも紹介されるほどです。今回は3月11日に行われる防災訓練を前に、役員、班長等の方々約60名が集まることから、防災士による講演要請があり実現したものです。
題目は「阪神淡路大震災に学ぶ」として、主に大都市マンション災害についての話を希望され、実例やマンションの状況などの説明があり、一般マンション防災の話、そして自助・共助の話の3本柱で1時間の講演でした。比較的若い方が多く、真剣に聞き入っていましたが、お昼過ぎの眠くなる時間でもあることから、途中に〇×クイズで少し頭と体を動かしていただき、さらに水を使わないトイレ方法については実物を用いて説明するなど、随所に切り替えを挟み込んで飽きさせない工夫をしました。
講演後はたくさんの方から質問があり、皆さんが防災に具体的に取り組んでいる様子が見て取れ、そしてこれからも防災力がどんどん上がっていくマンションだと感じました。

日時:平成30年2月18日(日) 13:00-14:00
場所:グランドメゾン狛江
参加:約60名
内容:講演
スタッフ:2名

DSC02533_p

DSC02538_p

関連記事

ページ上部へ戻る