12/3(土) 津田沼ローヤルコーポ防災訓練(千葉県習志野市)

平成29年12月3日(日)、千葉県習志野市、津田沼ローヤルコーポ(マンション)にて防災訓練が行われ、北部支部とBCNが共同して支援しました。
昨年(2016年)は雨で地震体験ができませんでしたが、今年は良い天気に恵まれ予定通り地震体験、ロープワーク、エコノミークラス症候群予防体操、搬送法を行いました。
地震体験は東北地方太平洋沖地震を体験いただきましたが、初めてという方も多くその揺れの大きさに驚き、何もできないことを感じ取っていただきました。ロープワークでは本結び、巻き結び、もやい結びを練習していただきました。また、ロープを3本結び、もやい結びの輪を投げ、芝そりに乗っている人をおぼれている人に見立てて救助訓練を行いました。10m以上のロープを届かせる難しさ、救助できた時の拍手など盛り上がります。子どもたちも要救助者になって芝そりに乗って助けを呼ぶなど、楽しみながらもロープの使い方を学びました。
つぎはエコノミークラス症候群予防体操。この症候群がなぜ起こるのか、どのような症状かといった説明を行い、ちょうどこの症候群の経験者がスタッフの中にいたため、どのような状態なのか体験談を話しました。そして皆さんでこの予防体操を行っていただきました。
最後に搬送法ですが、2階から1階に降ろす訓練を行いたいとの事前要望があったことから、階段でも利用できる担架を用意し、実際に上がり降りしていただきましたが、階段が狭いことから6人以上の持ち手はかなわず、5人が最大人数になることが分かったことが収穫になりました。実際にやってみないとわからないことが見えるため、皆さんの関心も大変高いものでした。また血のりや包丁も用意して遊び心を加えたこともあり、楽しく体験いただけたのではないかと思います。

日時:平成29年2月3日(日)
場所:津田沼ローヤルコーポ(マンション)
参加:住民約40名
スタッフ:7名
内容:起震車、ロープワーク、エコノミークラス症候群予防体操、搬送法

DSC09924_p

DSC09975_p

DSC00015_p

DSC00043_p

DSC00058_p

関連記事

ページ上部へ戻る