11/19(日) 白鳥学園防災体験アカデミー(茨城県那珂市)

平成29年11月19日(日)、茨城県那珂市、白鳥学園において防災体験学習が行われ、首都圏支部連絡協議会として千葉県北部支部、東京都支部、BCNが共同で支援しました。前日から宿泊体験している小学5,6年生、中学1年生、計70名が対象です。
防災士が担当するのは2日目の8:00~11:00で、東京都支部の松井支部長が〇×クイズを、BCN代表の青木防災士がレジ袋の活用法、続いてローテーションで心肺蘇生法(マネキン8体)とロープワークを行いました。その間に班分け順に地震体験を行っています。子ども達は大変素直で行儀よく、楽しみながら体験していました。最後のあいさつでは、ロープワークが大変ためになり、楽しく学べたと代表の子どもが言っていましたが、老若男女ロープワークはどこでも人気です。地震体験ではこれまで体験したことがない子ども達ばかりで、黄色い悲鳴が上がっていましたが、いろいろな防災体験をしてあっという間に時間が過ぎてしまいました。
学校防災の支援が多くなり、人数に関わらずみんなが体験できるメニューと対応の仕方が経験値として積みあがってきていますが、支援する側、される側、双方にとって大変勉強になった訓練でした。

日時:平成29年11月19日(日) 8:00~11:00
場所:瓜連小学校
主催:白鳥学園学校運営協議会
参加:約70名、教職員、保護者
講師:松井正雄防災士、青木信夫防災士他
スタッフ:10名(千葉県北部支部、東京都支部、BCN)
内容:〇×クイズ、レジ袋活用法、心肺蘇生法、ロープワーク、地震体験

DSC09432_p

DSC09483_p

DSC09476_p

DSC09496_p

DSC09455_p

関連記事

ページ上部へ戻る