9/27(水)千葉県八千代市 八千代リハビリテーション病院防災講習

平成29年9月27日(水)、千葉県八千代市にある八千代リハビリテーション病院にて防災講習が行われ、防災コミュニティネットワークが支援を行いました。昨年(2016年)も同様の講習を行いましたが、今回も起震車による地震体験と防災講習で対象者は病院職員です。
地震体験では「この揺れが来たら患者さんをどう守っていいかわからない」「病院建物や寮の建物は大丈夫か」といった感想、質問が飛び交いました。体験が終わった後はリハビリ室において講演を行いましたが、今回は「防災新常識」と題して、より身近な防災対処法を軸に、消火器の使い方、防災〇×クイズ、レジ袋の防災活用法を行いました。消火器では噴射時間の短さに驚き、防災クイズでは思っていたことと異なる対処法に驚き、レジ袋の活用法ではいろいろなことに利用できることを学びました。
一般住民ではなく、病院という特殊環境で患者さんを守るという使命を帯びていることもあり、皆さん真剣そのものです。まず自分の身を守ることを優先し、そのためにはどうすればよいのか、その具体例をクイズで示すことにより分かりやすい講習になったのではないかと思います。

日時:平成29年9月27日(水) 15:00-18:00
場所:八千代リハビリテーション病院
参加:約50名
講師:青木信夫防災士
スタッフ:4名
内容:地震体験、講演

DSC07569_p

DSC07575_p

DSC07576_p

関連記事

ページ上部へ戻る